お知らせ · 2020/11/04
家族カウンセリング研究所の柿澤一二美です。 明日の講演会のテーマは 子どもの能力を引き出すコツ 「3つほめて1つ伸ばす」の実践で大人も子どもも幸せに 長野県上高井郡市PTA連合会の皆様と 「コミュニケーションを高めるワーク」「自分発見のトリセツ 」など 楽しいワークを準備してお伺いします!! 親子の幸せ時間が増える学びをお伝えしたいと思います。...

ケンカなんかしたくないに、、、 「親の反対もあったが、お互いに好きで結婚した。 生活をする上で、お互いに我慢をすることもあった。 子供ができたことで、お互いの価値観が変わったのか? 最近のケンカは、お互いの落ち度を批判することばかり。 もう何日も言葉を交わしていない。 離婚も考えた。」 読んでいるあなたに、もし心当たりがあるようなら、...

小さいころ 「お母さん、大好き」 「ぼくのお嫁さんにしてあげる」 「ぼくがお母さんを守るよ」 「いっしょに寝て」 「抱っこして」 反抗期 「クソババァ」 「メシ、いられねえ」 「ふざけんな」 「死ね」 相談ごとに、言葉使いの変化の 相談が出てくる。 「変わってしまった」 「傷つく言葉ばかり」 「まともに会話が続かない」 子供に聴くと、...

お茶の時間  ほ〜〜〜、と一息できる時間。 緊張がほぐれてリラックスすることでストレス感が軽減し、 それに伴いほっとして心地よさを得られる。 また、集中力を高めることが生理学的にも示されたそうです。 新茶の季節、ほ〜〜〜とする時間も大切です。 昔から職人の世界には、お茶の時間というものがあります。 10時と15時、お菓子のお茶の時間です。...

コラム · 2020/05/20
「我が子が大好きだと思っていたけど、苦しいです!」スティホームで親子の良好な関係が崩れ、子どもの顔を見れば「宿題やりなさい!」「ゲームばかりして!」「ゴロゴロ食べてばっかり!」そんなことが言いたいわけではないのに(涙)学校が休みで嫌なのは親だけでなく子どもだって同じ気持ち

Stay Home  夫は普段、仕事9割でも許されていた。 でも、「家にいてください」の国家レベル要請。 家にいると、いろいろなことを考えるのでは。 ・普段、家族とどれだけ過ごせていただろうか? ・家事、たいへんだったろうなぁ。 ・妻との会話が成立しない。居場所がない。 ・「私、家政婦みたい」と妻に言われても・・・...

コラム · 2020/05/11
「聖地」といえば、神・仏・聖人や宗教の発祥地だけではなく、高校球児の憧れの場所である甲子園も「聖地」である。 アニメゆかりの神社には、アニメファンが集まって、聖地化する現象が続いている。日本におけるアニメ視聴者は3124万人(アニメマーケティング白書2017より)…

コラム · 2020/05/07
家族との時間。長い長い春休み。外食や温泉、旅行にも行けないが、お互いに話す良い機会。私は家族に、優しい言葉がけをしているだろうか?例えば、朝から寝るまでの間を考えてみる。朝、一緒に散歩でもどう?美味しいコーヒーでもどう?なんでもいい。一緒に楽しめる何かを考えて、伝えてみる。昼、好きなご飯を.....

カウンセリング · 2019/04/24
『カウンセリングって?』Aさん(子育てカウンセリング)40代・専業主婦 完璧主義に何でもやりたりたいと思うのに、子育てではイライラが爆発する日々。夫に言われた「子育てはおまえの仕事だろ」何かがこわれた瞬間! カウンセリングに通い始めました。月に二回のカウンセリング。宿題もあり、 「学生時代に戻った??」…

コラム · 2019/01/01
明けましておめでとうございます。皆様の新しい年がご健康でご多幸あふれるよい年になりますようお祈り申し上げます。一般的には楽しいお正月も、子どもの事や家族の事で悩んでいる人にとっては苦痛なのが親戚の集まり。親戚の集まりに行きたがらない子どもは家で留守番だ。「お子さんどうしてる?」「忙しくて」ほっといて、…

さらに表示する

お問い合わせはこちら