ケンカなんかしたくないのに

ケンカなんかしたくないのに・・・

ケンカなんかしたくないに、、、

 

「親の反対もあったが、お互いに好きで結婚した。

生活をする上で、お互いに我慢をすることもあった。

 

子供ができたことで、お互いの価値観が変わったのか?

 

最近のケンカは、お互いの落ち度を批判することばかり。

もう何日も言葉を交わしていない。

 

離婚も考えた。」

 

 

読んでいるあなたに、もし心当たりがあるようなら、

まだ少しだけ読み続けて欲しい。

 

人は、言語に大きな影響を受ける。

例えば、「きらい」「ゆるせない」「もうおわり」という言語。

 

何が嫌い、何が許せないのか、何がもう終わりなのか?

 

特定の指定や範囲がないものは、言語を受け取った側には、

誤解を受けやすい。

 

弾んみで出てしまった言葉も、相手によっては、

心の奥まで傷ついてしまうこともある。

 

言葉も行動も、その人自身のほんとうの想いとは違うことが多い。

 

夫婦のカウンセリングでよくあることは、

「そんなつもりではなかった」

「そう言う意味ではなかった」

「意図が違う」

 

そもそもお互いの気持ちがまだ愛してるなら、

絡んだ糸も解けるはず。

 

話せる状況や環境であることを相手と確認をしながら、

落ちつて、ゆっくり、お互いの誤解を解くようしたい。

 

大切なことは、お互いに何をいちばん大切にしてるのか。

 

ケンカは、お互いにお互いを大切にしてる裏返しだったりもする。

 

お問い合わせはこちら